雑記

作業環境のご紹介(iPadとiPad proどちらにするか)

長澤

Twitterにて「#作業環境を見せ合おう」という面白いタグ見つけました!

せっかくなので、私の作業環境をざっくりとご紹介します。後半にiPadとiPad proで悩んだ話を書いておきました。

もくじ

01.2009年〜2016年まで(デスクトップ時代)

02.2019年〜現在(iPad時代)

03.iPadとiPad Proの選択

―①ipadの付属品として買った方が良いもの

01.2009年〜2016年まで(デスクトップ時代)

f:id:mmakot0v0:20191024154121j:plain
漫画を編集部に送る際はFAXがメインだったので
brotherにはたくさんお世話になりました!
作業環境

・LG液晶
・PC本体
(2万円ほどのものを買い、別途で16Gチップ埋め込んで使っていました。こだわりなくWindowsです)
・中古で買ったキーボード&マウス
・Wacomペンタブ
・brother複合機
(B4対応、コピー、FAX、プリンター可能)
・外付けHD
・作業台(食卓テーブル)
・スカイプ用のマイク&ヘッドフォン

絵のソフト
・SAI
・Photoshop
・コミックスタジオ
他、アナログ

当時はあまりPC本体に興味がなく、絵がかければなんでもいいや~!と思っていました。
そのため、キーボードやマウス、作業台についてはいかに安く揃えるかを重視していました。

ただ、絵を描く時に必要なペンタブと液晶、複合機については、サイズともにとても悩んだことを覚えています。

遊びに来た友人たちによく驚かれるのですが、ペンタブが…とっても大きいんですよね…

今思うともう少し小さいサイズでもよかったかもしれないと思いますが…
大きいペンタブで描いていたおかげか、描く速度は上達したような気がします。
思い切って手を動かせるのがよかったんでしょうか…実際にはわかりませんが!

7年間買い換えたことがないので、よくもってくれたなーと感謝しています!

02.2019年〜現在(iPad時代)

f:id:mmakot0v0:20191024154102j:plain
作業環境

・iPad
・Apple Pencil
・Bluetoothキーボード

2016年〜2019年の3年間は漫画を少し描く程度で絵からはなれていました。

iPadを買うきっかけになったのは、たまにみるインスタでエッセイ漫画を描いている方たちを発見し、私ももう一度描いてみようかなーと思い立ったことからです。

ipadを買うまでずっと板タブを使っていたので、液晶に直接書くという感覚が新鮮でした。

レイヤーをたくさん使う場合は、デスクトップの方が速度が速いと思いますが、個人的には紙に直接描くような、レイヤー少な目の絵の方が多かったので、速度的にはあまり気になりませんでした。

描こうかな。と思ったときにすぐ取り出して描けるのでとても楽え気に入っています。

03.iPadとiPad Proの選択

こればっかりは、すごく悩みました!笑
値段も倍以上違うんですよね…

検討した項目はこちら

①描きやすさ

②手軽さ

③値段

④どのくらいの期間使い続けられるか

⑤絵を描く以外どんなことに使えるか

その結果

①描きやすさ

→iPad Proの方がスムーズで重くなりにくいのはわかった!
でも今まで液タブを使っていたわけでもないので、そもそも画面に直接描ける液タブのような感覚自体が今までの私に比べると大進歩なのでは…と思い、お試しもかねてipadにしようと思いました。

絵描きソフトも、絵を描く機会から離れていたので、練習もかねてフリーソフトを使用しています。

本格的なレイヤー数や、厚塗り系の方は断然ipadproの方がおすすめです。

クリップスタジオを使用される場合
・iPad Proなら買い切りが可能。
・iPadは月額料金となる。

②手軽さ

→①と同様です。
店頭で比較した際は、少しiPad proの方が見易くて軽いかなという印象でした。他には、Apple Pencilを突き刺さずに横にとめるだけで充電ができるので、ぶつかって折れてしまうリスクが少なくてスタイリッシュです。

③値段

→圧倒的iPad…!!Apple Pencil買ってもお釣りが来ます…!!

参考価格(税抜き)
・ipad(10.2インチ、32GB)+Applepencil 
  ⇒約45,600円
・ipad(11インチ、128GB)+Applepencil 
  ⇒約99,300円
※Apple公式サイト2020年11月現在

④どのくらいの期間使い続けられるか

iPad Proを買ってずーっと使い続けてもいいかと思いましたが、次世代が必ず遅かれ早かれでるだろうな…iPad自体初めてで相性がいいかもわからなかったので、まずはiPadで練習して、気に入れば次世代iPad Proを購入しても遅くないんじゃないか…?と考えました。

10万近く出して、やっぱり液晶に直接描くより、板タブとデスクトップの方が効率が良い。と判断してしまうかもしれないのが頭をよぎりました。

⑤絵を描く以外どんなことに使えるか

家計管理や資料作成にも使いたかったので、ExcelやWordもほしかったので、そちらのアプリは使えるのか調べてみました
使うことは両方できますが、価格が違います。

ExcelやWordアプリ価格
・iPad 無料
・iPad pro 有料

いろんな比較サイトを見たり、店員さんに話を聞いて考えました。
絵を現役時代のようにがっつり描くわけではないので、どちらかというと手軽に試せて使えるものをと考えたときにiPadに行き着きました。

絵のご依頼いただいた時は、下書きだけiPadで描いて清書はデスクトップで描いています。
※現在、絵でご活躍の方や、レイヤー数が多い方たちはiPad Proをにした方がいいと思います。

ipadの付属品として買った方が良いもの

Bluetoothキーボードが、最高!!


文章を書くときにiPadのまま打つと、やはりものすごく時間がかかります。
画面も半分隠れてしまいますし…

しかし、Bluetoothキーボードを使ってみてびっくりしました…
現在もカタカタキーボードで打っていますが遥かに早いです。

しかも小さいものを選べば持ち運びもできるので、長く長く愛用したいと思います!

Apple公式のものでもよいと思いますが、私は電気屋さんでリーズナブルなものを選びました。
実際に使ってみても問題なく打てています。
ipadで様々なことを試してみたい方、是非Bluetoothキーボードを買って使ってみてくださいね。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村